介護サービスには、デイサービスの他にも訪問介護やショートステイなど様々な種類があります。 介護サービスを利用する際には、どのようなサービスが利用者にあっているかをケアマネージャーなどと相談して決めるようにしましょう。 介護サービスには、大きく分けて在宅で暮らすための介護サービス、施設に入所する施設サービスがあります。 要介護1〜5に該当する人は、介護サービスおよび施設サービスを受けることができます。 要支援1、2の該当者は、介護予防サービスを受けることができます。 ただし、施設サービスを利用することはできません。 下記に代表的なサービスを挙げます。 1.介護サービス(介護予防サービス) 訪問や通所によるサービス ・居宅介護支援(ケアプラン作成) ・訪問介護(ホームヘルプサービス) ・訪問入浴介護 ・訪問看護 ・訪問リハビリテーション ・通所介護(デイサービス) ・通所リハビリテーション(デイケア) 短期入所のサービス ・短期入所生活介護(ショートステイ) ・短期入所療養介護(ショートステイ) 2.施設サービス ・介護老人福祉施設 ・介護老人保健施設 ・介護療養型医療施設 この他、住み慣れた地域で暮らすための地域密着型サービスがあります。 ・小規模多機能型居宅介護 ・認知症対応型共同生活介護(グループホーム) ・認知症対応型通所介護 ・夜間対応型訪問介護 これ以外にも、福祉用具貸与、福祉用具購入、居宅介護住宅改修など、介護保険でのサービスは様々です。 どのようなサービスがあるかを知って、上手に選択することが大切です。