介護保険によるデイサービスや訪問介護などの介護サービスを行う業者は、サービスの種類ごと・事業者ごとに都道府県知事の指定や許可が必要です。 この指定を受けて介護保険指定事業者とならないと、介護保険を使ってのサービス提供ができません。 設置基準をクリアしていないと、この指定業者にはなれません。 1.指定を受けるには、法人格が必要です。 法人格とは、株式会社、NPO法人、社会福祉法人などです。 2.人員基準があります。 利用定員が10名超の場合 ・管理者 常勤の人が1名以上 ・生活相談員 専従で1名以上 資格要件は、社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事で、自治体によっては介護福祉士も資格要件に含まれている場合があります。 ・看護職員 1名以上 資格要件は看護師、准看護師 ・介護職員 定員15名までは専従で1人 それ以上は定員が5名増えるごとに1人多く職員が必要となります。 定員20名までは2人、25名までは3人といった具合です。 ・機能訓練指導員1名以上 資格要件は、理学療法士、作業療法士、 言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師 3.設備基準があります。 ・ 食堂及び機能訓練室 合計面積 利用定員数×3m2以上が必要です。 ・ 静養室 複数の利用者が同時利用できる専用の部屋が必要です。 ・事務室 ・相談室 ・トイレや浴室、食堂において、安全面・衛生面に配慮した構造になっていることが必要です。 4.運営基準が必要です。 通所介護計画を作成し、それに沿ったサービスの提供を行います。 デイサービス施設を利用する際には、このような設置基準を守っているかどうかも確認しておきましょう。